イクオスサプリのDHTへの作用と、栄養面が髪に及ぼす影響

イクオスサプリの配合成分の中には、ノコギリヤシとフィーバーフューが含まれていますが、
これが何に作用するのかとゆう事を少し説明しておきます。

 

まず、この二つは5aリダクターゼとゆう酵素を抑制するのに働くので、
自ずからジヒドロテストストロン、つまりDHTの生成を減らすことに繋がるのです。

 

そうしますとDHTは男性型脱毛症であるagaの強力な抜け毛や脱毛を引き起こす成分ですので、
それの生成を止めることができれば、本来の通常のヘアサイクルの軌道に乗せることができ、
髪の健康を取り戻すことができると予想しております。

 

またノコギリヤシとフィーバーフューには、
agaの医薬品として販売しておりますフィナステリドと似た作用があるとの報告がありますが、
フィナステリドと違い、副作用はほとんどありませんので、安心して使用できます。

 

 

イクオスのサプリには、亜鉛もしっかり配合されていますので、亜鉛自体に5aリダクターゼを抑制する働きがありますし、
タンパク質であるケラチンと上手く合成して、髪の生成に結びつきます。

 

亜鉛は単に髪を生成するためだけではなく、人体では300の酵素の働きに関与していますので、何も髪だけの為のミネラルではないのです。
爪にも、筋肉にも、骨にも必要ですし、内分泌ホルモンは、ほぼ全てにおいての生成の材料として亜鉛が入っています。
あの糖尿病において大切な役割であるインスリンですら、亜鉛を原料にして作られるのです。

 

ここで少し内分泌ホルモンに関して少し話したいのですが、内分泌系が髪に及ぼす影響もまたかなりのものだと思っています。
髪とゆうのは、栄養やホルモンの力を借りて、生成発育するものですが、特に寝ている間に成長するのです。

 

 

その寝ている間に何が働くかとゆうと、第一に成長ホルモンが働きます。これは文字通り、髪を直接、成長させるともに、
トレーニングなどをしたら、筋肉も成長させます。また細胞や臓器の機能の向上、または傷の修復にも作用します。
まさにエイジングケアにおいて強い影響を及ぼすホルモンであると共に、髪にもしっかり作用します。

 

 

また甲状腺ホルモンも抜け毛や白髪に多少関与し、テストステロンは男性らしい逞しく強い髪にしてくれます。
これら内分泌系も貴重なビタミンやミネラル、その他もろもろの栄養源を元に生成されますので、
元を辿れば結局は「栄養」とゆうことに帰結するのです。

 

また栄養をしっかりと消化吸収するためには、体を少しは鍛錬して血流を良くしてやることも大切です。
髪と血流は切っても切れない関係にありますので、頭皮の血流が悪くなれば、それだけで栄養が届きにくくなるので、
頭皮環境は荒れ、抜け毛を増やす要因ともなるのです。

 

こう見ますとビタミンやミネラルがいかに、人体にとって有効であるのかと同時に、髪にとっても必要不可欠であるか思い知らされます。

張りやコシのある髪になるためには、特にビタミンA~C、Eまでの影響を受けます。ビタミンすらも当然、髪に影響してくるのです。

 

髪は女の命とは、よく言いますが、美しく艶のある髪は女性は誰しも望むものでしょう。
その美しい髪に、ビタミンが関与するのです。それはイクオスのサプリにも、しっかりと配合されており、
また良質な髪を保つのに貢献してくれるのです。

 

あと余談ですが、サプリや食事などで内部から栄養を補給して、頭皮環境や育毛に取り組んでいる間は、酒やタバコは控えましょう。

 

アルコールは取れば取る程、その分解にビタミンやミネラル…特に亜鉛をけっこう消費しますので、取った栄養を無駄に排出することになります。

 

 

またタバコも同様に4本吸っただけで、一日のビタミンCを摂取した分を持っていかれるとの報告もあるので、
貴重な髪の栄養をアルコールやタバコに台無しにして、ヘアサイクルを乱さないためにも、程々にしておきましょう。
頭皮と髪のアンチエイジング、育毛は一日にしてあらずとも言えるでしょう。