根気よく養生すれば、髪は必ず生えてくる!

まず頭髪の健康を考える為には、全身の健康を考えなければいけないと思います。
人間の体は頭だけで成り立っている訳ではないので、
抜け毛や脱毛が起こって薄毛が進行しているとゆうことは、
五臓六腑の臓器の盛衰や、内分泌系統は旺盛かなどを考慮に入れて
育毛や髪の健康を考えたいものです。

とりあえず無難なところで、実行可能なところから行きましょう。

まずはそれなりに薄毛が進行されている方で、
本気で髪を生やしたい、または抜け毛や脱毛を起こしたくないと思われている方の中で、
タバコや酒をやっているならば、
せめて育毛作業に取り組んでいる内はタバコとアルコール類はやめましょう。

言うまでもなくタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、
血流を悪くしますから、頭皮環境が悪くなります。
またホルモンバランスも乱れやすくなるので、髪に良くないでしょう。

アルコール類は肝臓で分解しますが、
その際に髪の原料となる亜鉛やビタミンをけっこう消費するので、
髪の材料自体がなくなってしまい、そのまま抜けていく一方となります。

適度なアルコールは体に良いと言われてますが、
頻繁に飲んでいる方はアルコールの分解に髪の貴重な栄養が使われると意識した上で、
あまり飲まないようにした方が良いでしょう。

そうしてタバコやアルコールをやめておいた上で、
次に気をつけたいのが食生活です。

肉類や脂っこい物を取っていますと当然、血液がドロドロとなりやすく、
頭皮の毛穴に皮脂などが詰まって皮膚呼吸などが困難になり、頭皮環境が悪化します。

だから動物性たんぱくは少な目にして、
野菜を中心に様々な栄養を取った方が抜け毛を減らし、最終的に育毛につながると思います。

それからサプリが髪に影響する作用について述べたいのですが、
数年前にヤフーの知恵袋で30代男性が語っていた内容がいまだに印象に残っていて、
その人はそこそこ薄毛が進行している状態だったようで、
薬剤師に薄毛のことを相談したみたいです。

「じゃあ薄毛に効きそうな栄養補助サプリを試してみては?」

と言われて、購入して試したそうです。
それから期間は、はっきりと覚えてませんが、
半年も立ってないんじゃないんでしょうか?

そこまで至るまでに薄毛が素晴らしく改善されたらしいです。

それを見て自分が感じたのは、
薄毛になったからと言って髪が生えてこないと考えるのは早計かなと。
ちゃんと努力すれば、いくらでも生える可能性はあるのであって、
ただその人が髪を生やす邪魔をしているのではと思ったのです。

人によって、年齢によって個人差はあると思いますが、
普段の食事プラス栄養補助的なサプリも加えると、より髪の健康にも繋がると思います。

髪の問題で悩んでいる方とゆうのは、
たいてい頭皮にも問題が生じていると思うのですが、
一度、頭皮を触ってみてもらうと分かるのですが、
けっこう硬くなっていると思います。

指で頭皮を動かそうとして動きにくければ、
頭皮環境はあまり良くないと言えます。

髪が生えやすい頭皮とゆうのは、決まって柔軟性と弾力に富んでいるとゆうか、
指で頭皮を動かそうとすると、しっかりと動くのです。
髪の土台は当然、頭皮なのですから、頭皮の状態が悪く、
元気がなければ、生えてくる髪もまた元気がないとゆう事になります。

つまり細かったり、ツヤやコシがないから、生えてきても、抜けやすい。
もしくは生えているけど、白髪とか、色々と問題が生じることになります。

 

自分としては、髪の神とゆうかヘアー界のゴッドと呼ばれてるんでしょうか?
板羽忠徳とゆう方がいますが、氏の書かれた書籍はかなり参考になりました。
板羽氏自身が60代にも関わらず、ハゲておらず、
今だに髪はしっかりとあり、保っているのを見ると、
髪って努力次第でいつまでも維持できるんだな!と感銘を受けます。