イクオスサプリのDHTへの作用と、栄養面が髪に及ぼす影響

イクオスサプリの配合成分の中には、ノコギリヤシとフィーバーフューが含まれていますが、
これが何に作用するのかとゆう事を少し説明しておきます。

 

まず、この二つは5aリダクターゼとゆう酵素を抑制するのに働くので、
自ずからジヒドロテストストロン、つまりDHTの生成を減らすことに繋がるのです。

 

そうしますとDHTは男性型脱毛症であるagaの強力な抜け毛や脱毛を引き起こす成分ですので、
それの生成を止めることができれば、本来の通常のヘアサイクルの軌道に乗せることができ、
髪の健康を取り戻すことができると予想しております。

 

またノコギリヤシとフィーバーフューには、
agaの医薬品として販売しておりますフィナステリドと似た作用があるとの報告がありますが、
フィナステリドと違い、副作用はほとんどありませんので、安心して使用できます。

 

 

イクオスのサプリには、亜鉛もしっかり配合されていますので、亜鉛自体に5aリダクターゼを抑制する働きがありますし、
タンパク質であるケラチンと上手く合成して、髪の生成に結びつきます。

 

亜鉛は単に髪を生成するためだけではなく、人体では300の酵素の働きに関与していますので、何も髪だけの為のミネラルではないのです。
爪にも、筋肉にも、骨にも必要ですし、内分泌ホルモンは、ほぼ全てにおいての生成の材料として亜鉛が入っています。
あの糖尿病において大切な役割であるインスリンですら、亜鉛を原料にして作られるのです。

 

ここで少し内分泌ホルモンに関して少し話したいのですが、内分泌系が髪に及ぼす影響もまたかなりのものだと思っています。
髪とゆうのは、栄養やホルモンの力を借りて、生成発育するものですが、特に寝ている間に成長するのです。

 

 

その寝ている間に何が働くかとゆうと、第一に成長ホルモンが働きます。これは文字通り、髪を直接、成長させるともに、
トレーニングなどをしたら、筋肉も成長させます。また細胞や臓器の機能の向上、または傷の修復にも作用します。
まさにエイジングケアにおいて強い影響を及ぼすホルモンであると共に、髪にもしっかり作用します。

 

 

また甲状腺ホルモンも抜け毛や白髪に多少関与し、テストステロンは男性らしい逞しく強い髪にしてくれます。
これら内分泌系も貴重なビタミンやミネラル、その他もろもろの栄養源を元に生成されますので、
元を辿れば結局は「栄養」とゆうことに帰結するのです。

 

また栄養をしっかりと消化吸収するためには、体を少しは鍛錬して血流を良くしてやることも大切です。
髪と血流は切っても切れない関係にありますので、頭皮の血流が悪くなれば、それだけで栄養が届きにくくなるので、
頭皮環境は荒れ、抜け毛を増やす要因ともなるのです。

 

こう見ますとビタミンやミネラルがいかに、人体にとって有効であるのかと同時に、髪にとっても必要不可欠であるか思い知らされます。

張りやコシのある髪になるためには、特にビタミンA~C、Eまでの影響を受けます。ビタミンすらも当然、髪に影響してくるのです。

 

髪は女の命とは、よく言いますが、美しく艶のある髪は女性は誰しも望むものでしょう。
その美しい髪に、ビタミンが関与するのです。それはイクオスのサプリにも、しっかりと配合されており、
また良質な髪を保つのに貢献してくれるのです。

 

あと余談ですが、サプリや食事などで内部から栄養を補給して、頭皮環境や育毛に取り組んでいる間は、酒やタバコは控えましょう。

 

アルコールは取れば取る程、その分解にビタミンやミネラル…特に亜鉛をけっこう消費しますので、取った栄養を無駄に排出することになります。

 

 

またタバコも同様に4本吸っただけで、一日のビタミンCを摂取した分を持っていかれるとの報告もあるので、
貴重な髪の栄養をアルコールやタバコに台無しにして、ヘアサイクルを乱さないためにも、程々にしておきましょう。
頭皮と髪のアンチエイジング、育毛は一日にしてあらずとも言えるでしょう。

イクオスサプリEXが他社サプリを超えるとの噂が!?

イクオスサプリについて触れる前に
まず最初にチャップアップのサプリについて言っておきたいのですが、
このサプリに関しては、ちょっと問題があると思います。

 

それは粒がかなり大きくて飲みにくいことと、口の中に入れた瞬間に不快な味がするとの事です。
嫌な臭いもするらしいですし、人によっては
「草と科学物質が混ざったような形容しがたい臭い」と感じられる方もいるようです。

 

せっかく毎日、継続して髪や健康のために摂取したいのに、
続けるのが苦痛なサプリでは本末転倒です。

更にサプリの成分としての配合量が記載されてないこと。

それを書いてもらわないと、どれくらい取ったらいいかとゆう基準が見えてこないので、少し不安になってきます。

 

特に亜鉛などは一日の摂取量が大体、決まっており、それを超えて摂取し続けると人体に取っては過剰摂取となり、
人によってはめまい、頭痛、吐き気、倦怠感が生じ、害になりますので、くれぐれも注意が必要です。
何事もほどほどが肝心ですので、適量を守りましょう。

 

そう考えますと、チャップアップのサプリはもう少しユーザー目線で、
顧客の立場を考えて製品を作った方がいいような気がしますので、
少し改善の余地があるのではないでしょうか?

 

まずくて、飲むのに苦痛なサプリをとり続けるよりは、もっと良質で飲みやすいサプリを取りましょう。

そこで今回、紹介するオススメな良質サプリは、イクオスのサプリEXです。

 

配合成分は業界最大数の46種類で、更にチャップアップとは違い、
配合量をしっかりと公開していますので、そうゆう面では信頼できるでしょう。

まず代表的な配合成分を紹介しますと、ノコギリヤシ、ミレットエキス、亜鉛、フィッシュコラーゲンペプチド、大豆抽出物、イチョウ葉エキス、ヒハツエキス……
と数え切れないぐらい髪に良い成分が配合されています。

 

特に髪に対して、注目すべき成分としてアミノ酸があります。
このアミノ酸は人体で生成することができないため、
積極的に食事やサプリなどで摂取しなければなりません。

体に必要なアミノ酸は、全部で9種類ありますが、

イクオスのサプリは全てのアミノ酸を配合していますので、
髪がしっかりと丈夫に育つ栄養は兼ね備えており、かなり良質であると言えます。

 

更に海草エキスとしては、ガニアシとゆう成分も含まれており、
コンブの仮根のことですが、これにはミネラルアルギニン-フコイダンとGA-フコイダンの二種類が含まれており、
後者のGA-フコイダンはガニアシのみに含まれているらしく、
これが発毛促進因子の産生を促すとも言われている成分との事です。

 

その他にも高麗ニンジンエキス、生姜エキス、αリポ酸、ヨモギエキス、L-アルギニンと
髪や健康に良い成分がふんだんに配合されています。

 

個人的に感じるのは、髪に良いどころか、ここまで成分にこだわっていると普通に健康に良い栄養補助サプリとゆう感覚ですし、
頭皮や育毛だとゆう以前に、健康面の事に関して、ほぼパーフェクトに近いぐらいにサポートしてくれるサプリとしての側面も感じられます。

 

よく一日、30品目を目標に!とか厚労省が言っていたと思うのですが、
普通に考えて30もの副食やオカズを取り入れることは、不可能に近いです。とゆうより無理でしょう。
それだけの食材を調達するのに掛かる費用もまた大きいものです。
その不足分をイクオスのサプリなどで、補うとちょうど良いのではないでしょうか?

 

これで外部からはイクオスの育毛剤、内部からはイクオスのサプリで、内外からアプローチしてやれば、
生活習慣を改善すると共に、それが健康的な頭皮と髪の成長に繋がるはずです。

 

また、その他の信用できる点として、衛生管理が徹底された日本国内の工場で作られているとゆう事ですね。
基本的にコストを減らすために、海外で作られているとゆうサプリもあり、
海外製は口にしたくないとゆう方もいると思いますが、イクオスのサプリは、きちんと日本国内で生産しているとゆう点が評価に値します。

 

また販売面に関して言わせてもらうと、単品で購入した場合、まあ値段がそこそこにするのですが、
これも46種類もの良質な成分を配合していると考えると止むなきとなるのですが、定期コースになると他社サプリと比較して一番、安くなるとゆうメリットがあります。

 

確か調べた限りですと、ボストンが6500円、チャップアップが5000円近く、イクオスのサプリが4700円ですので、
他社と比較しても一番、安いのが分かると思います。
よってイクオスのサプリを購入する際は、お得な定期コースがオススメです。

 

 

…と、ここまで見ましても他社サプリよりかは総合的に判断して、頭一つ抜けていると見てよいかと思うのですが。
兎にも角にもイクオスサプリEXは、かなりオススメです!

 

ハゲは遺伝するのか?

よく私の同級生回りでも、既にハゲて前頭部はおろか、頭頂部より更に後退して、
ハゲが進行している人がいますが、私からすると、そうゆう状態になるのも明確な原因があるから、
そうなっているのであり、そのハゲる原因をやらなければ、薄毛やハゲにはなってなかったと言いたいです。

その同級生も20代前半までは、しっかりとフサフサで見た目上、髪はしっかりあったのを覚えています。
しかし30代前半で、かなり薄毛が進行したことを告白され、更にカツラをかぶって見た目をごまかしていましたが、
我慢しきれなかったのか、かなり高額な植毛に手を出したようです。

 

私は植毛に関する知識などなく、どれぐらい費用が掛かるのか全く知りませんでしたし、
知ろうとも思わなかったのですが、あとで調べてみると、
彼のやった植毛費用は200万以上は掛かっていたのではないかとゆう事が分かってきました。

 

髪の悩みは深刻で、回りからも嫌な目で見られるのは分かるのですが、
だからといって植毛などに走るのは、逃げ道であって、私からすると逃げているのです。

 

金があるから、楽したいからとゆう気持ちの表れなのでしょうか?
そうゆうことをやる人間とゆうのは、
基本的に努力して何かをなし遂げてやろうとゆう気持ちがないのでしょう。

 

彼が言うには、「俺の薄毛は遺伝であり、父親も薄毛で、俺自身、若い頃から薄くなりだしていた」と。
まあ言い分は分かるし、責める気も更々ないのですが、じゃあ私の場合はどうなるのかと。
私の父親は30代過ぎから、かなり薄毛になりだして、
見た目からルーニー顔負けの状態になりだしたのを覚えています。

 

そこから見ても、じゃあ私の場合も同じく遺伝はしっかり受け継がれており、
同じくハゲてこなければおかしいのですが、今だに30代後半ですが髪はしっかりとあります。
そこから考えますと髪は遺伝から来るのは否定できず、
親からの素質が受け継がれる可能性はあるでしょうが、
本人の努力次第でいくらでも髪を丈夫に、強く維持するのは可能だと思うのです。

 

 

かのヘアーカウンセラーで有名な板羽氏も、両親はハゲており、
ハゲの遺伝を引き継いでいたらしく、自分もいずれ薄くなって、ハゲてくるのではないか?
と思われていたようですが、実際に60代になった今でも髪はフサフサです。

 

氏が言うには、基本的に薄毛やハゲの遺伝する確率は75%もあるようで、
親がハゲていれば、子への影響は否定できないと言います。
ですので、できるだけの範囲内で対策を講じておくのが大切かと思われます。

 

 

私から言いますと、遺伝とゆうのはよく行って50%ぐらいかなと。
つまり残りの50%は自分の生活習慣の心掛け次第、
もしくは何か上手く努力した手段、方法によって、どうとでもなると思っています。

ですが、現に薄毛、またはハゲている人は、そんなすぐには生えてこないので、
その現実が認められず、どうせ遺伝、どうせ髪はこのまま薄くなるだけ、
髪とゆうのは基本的に生えてこない…となって投げやりになるのです。

 

 

まず本当に抜け毛を防ぎ、髪を生やして、髪を健康にしたいのなら、
ちゃんとした手段を実行して、半年は見た方がいいでしょうね。
半年とゆうのは一つの区切りだと思っています。

 

どこかのホームページで、育毛作業に取り組んでいたと思しき若者が書いていた内容を覚えていますが、
彼も若い頃から薄毛に悩んでいたらしく、20代半ばから髪に対して、本格的に取り組んだらしいです。

 

 

 

そこにも同様に生活習慣をあれこれ注意深く観察しながら、
仮説と検証の繰り返しで、ちゃんと生えてくるまでは半年前後かかったと記されていました。
そうして今は薄毛とゆう部類から外れたと書いていましたので、
やっぱり相応の努力をしたら生えてくると再確認した次第です。

体験談ですから、ウソはないと思うのですが、やはりここを見ても分かるように
半年前後とゆうのが一つの区切りになることが分かります。

 

 

前述の紹介した彼もそうですが、おそらく私の予想では、
親や祖父母が金を持っていると聞いたことがありましたので、
親族の金ばかり当てにして、贅沢三昧とゆうか、
自堕落で怠惰な生活を送っていたのではないでしょうか?

そういった生活習慣が、薄毛やハゲとゆう状態を招いたのではないかと思われます。
言うまでもなく、髪とゆうものは生活習慣がかなり影響してきます。
ですから適当に、いい加減に生活していたら、その内、髪にも悪影響が出るのは否めないと思います。

 

 

またオランダにロッベンとゆうサッカー選手がいますが、
彼は20代前半から、かなり頭髪が薄かったのが印象にありますが、
最初は自分自身、遺伝かな?と思っていましたが、
原因を探っていくと、若い頃に何らかのガンになり、抗がん剤の副作用でハゲたらしく、
そうゆう理由があったのかと納得しました。

ですが、ここで抗がん剤について言っておきたいのですが、
あれもかなり強力な副作用があり、ガンも殺しますが、自分の細胞も縦横無尽に殺します。
当然、その影響は毛母細胞にも行き、髪は引っ張っただけで、スポスポ抜けていきます。

ガン治療である程度、抗がん剤をやり、ガンを治された方の場合ですと、
髪はあとでしっかりと全部、生えてきたとゆうのはテレビで見たことはありますが、
あまり長期間、抗がん剤を使い続けますと、毛母細胞が完全に死滅する可能性も否定できず、
やり過ぎは問題かと思います。

上記のロッベンもどの程度、使っていたかは分かりかねますが、
その後もああゆう状態ですと、回復するのは厳しいかなと感じます。